前へ
次へ

家族葬は割と一般的になってきている

家族葬をするときの最大の目的としてあるのが費用が抑えられるということです。
基本的に小規模で行うということができるようになりますので何百万円と掛かるような葬儀にはならないというような形になります。
だからこそ、とてもよいわけです。
或は故人があまり騒がしいのは好きではないので家族葬でひっそりとやってほしいという遺志で、ということもあるでしょう。
家族葬なんてやっている人はいるのかと思うかもしれませんね。
様々なアンケートや調査などを見ますと2、3割はそういうやり方を選択しているという実情があります。
つまりは、かなり一般的になっている葬式であるのが家族葬なのです。
決して費用が極端に安くなるというわけではないです。
一番安くできるのは直葬でしょう。
直接的に火葬場に持っていくというやり方になりますがこちらはかなり安く抑えられます。
しかし、さすがにそれは、ということでもう一つランクが上とも言うべき家族での葬式にするということがあるわけです。

Page Top